Accessibility Links: Skip to main navigation. Skip to main content. Skip to sidebar features. Skip to legal information. Back to homepage.

Blog

Campaign for Wool – das Jahr 2013 im Rückblick

UK WOOL HOUSE Im März 2013 startete die Campaign for Wool mit dem Wool House die größte Veranstaltung Großbritanniens zur Förderung von Wolle. Dabei erlebten die Besucher eine visionäre Präsentation von Wolle als moderne und vielseitige Lifestyle-Faser. Die zweiwöchige Veranstaltung

One Wool – Part 8

In part 8 of our One Wool initiative we’d like to introduce nominations from Baker Furniture, Christopher Farr Editions, Fleming & Howland, Hastens Beds, Joseph H Clissold and Lana Home BAKER FURNITURE   BAKER® selected this 100 percent wool for its subtle polished

キャンペーン・フォー・ウールの1年 2013

英国 ウールハウス (Wool House) 2013年3月、キャンペーン・フォー・ウールは英国最大のウールの祭典となったウールハウスを開催しました。ロンドン中心部にあるサマセットハウスの西館で2週間にわたって催されたウールハウスでは、ウールが現代的かつ汎用性の高いライフスタイル向けの繊維であることをハイライトし、ウールを使ったインテリアやファッション、職人や工芸品製作の世界を紹介しました。 ドナ·ウィルソン(Donna Wilson)、アシュリー·ヒックス(Ashley Hicks)、ジョセフィン·ライアン(Josephine Ryan)、アンヌ・キーロ・クイン(Anne Kyyro Quinn)、メアリー・フォックス・リントン(Mary Fox Linton / フォックスリントン·アソシエイツ所属)、キット·ケンプ(Kit Kemp)ら一流のインテリアデザイナーがウールを使った様々なスタイルや手段を用いてそれぞれ1つの部屋を装飾して独自のビジョンを表現、高い評価を受けているオランダのタペストリー作家、クラウディ・ヨングストラ(Claudy Jongstra)による巨大なウールアートの展示品と共に紹介され、インテリア業界でスタイリスト兼デザイナーとして20年以上のキャリアを持つ学芸員のアラベラ・マックニー(Arabella McNie)のキューレーションによって完璧な展示が完成されました。 また、会場では繊維としてのウールの無限の可能性と将来性を伝えるため多彩なアクティビティ、ワークショップ、講演会が連日催されました。 スペイン人デザイナーのクリスチャン・ズズナガ(Cristian Zuzunaga)が考案し、ブリントンズが製造した、ピクセルスクエアが特徴的な34メートルに及ぶ美しいウール製の特注カーペットなど、ユニークな作品の数々がハウスを彩り、会場の入口に置かれたシャウナ・リチャードソン(Shauna Richardson)による「クロシェダーミー(crochetdermy)」のクマも今回の展示の目玉の一つとなりました。 ウールスクール キャンペーン・フォー・ウールによるファッションと教育の新たな取り組み、ウールスクール。大きな成功を収めた初年度に続き2013年も開催されました。英国トップファッションブランドとしてマーガレット・ハウエル (Margaret Howell)、トップマン (Topman)、クリストファー・レイバーン (Christopher Raeburn)、フォーク (Folk)、バブアー (Barbour)、ブローラ (Brora)、アルバム (Albam) を迎え入れ、全国から集まったファッション、繊維、デザイン系の学生たちが、ウール·ウィーク2013(10月14~20日)を記念して秋に全国の店舗で販売されるウールセーターのデザインを競いました。 キャンペーンには、受賞者の選抜に協力している各小売店のチーフデザイナーやクリエイティブと提携する12の各大学から100以上のエントリーが寄せられました。彼らによる決定は、コンデナスト・インターナショナル社長のニコラス・コールリッジ(Nicholas Coleridge)、ニットウェア専門家でヘリオット・ワット大学教員のシーラ·マリー・カラザース(Sheila-Mary Carruthers)、国際羊毛繊維機構理事長のピーター・アクロイド(Peter Ackroyd)によって支持されました。 2013年のウールスクールでも前年に引き続き、学生たちが小売パートナーへの紹介を受け、その小売店のブランドアイデンティティと今年のテーマである「イギリス諸島のニットウェアの伝統」のテイストを併せ持ったウールジャンパーをデザインするという機会が与えられました。ウールスクールは、未来を担う若いデザイナーが、パートナーを務めている小売店からクリエイティブな製造プロセスにおいて指導を受ける中で、天然繊維ウールと実際に取り組むことを推奨する為に設立されました。ウールスクールで制作されたジャンパーの売上のうち5%は、英国各地のファッション教育プログラムに還元される予定です。 ロイヤルアカデミー

The Campaign for Wool in 2013

GROOT-BRITTANNIË WOOL HOUSE The Campaign for Wool lanceerde in maart 2013 Wool House, een grote expositie over wol als moderne, veelzijdige lifestyle vezel. Wool House vond twee weken lang plaats in de westelijke vleugel van het magnifieke Somerset House in

2013년도 캠페인 포 울

2013년도  캠페인포울 영국 울 하우스(WOOL HOUSE) 2013년 3월 영국에서는 울이 모던함과 다양성을 지닌 라이프스타일 섬유라는 점을 잘 보여준 울 하우스를 열었습니다. 센트럴 런던의 서머셋 하우스 웨스트 윙에서 2주간 펼쳐진 울 하우스에서는 인테리어, 패션, 전세계의 공예 장인들의 작품과 교육용 하이테크 작품

Q & A with Dan Chilcott

In October 2013, the Campaign for Wool had the pleasure of meeting Dan Chilcott as part of Wool Week 2013. Dan featured prominently in our Wool Week activities as part of our brilliant team of yarn bombers and live knitters

「ウールの衣服展 – 源流から現在 – 」 神戸ファッション美術館にて1月24日より開催!

「Live naturally, choose wool ~ナチュラルに暮らすこと、それはウールを選ぶこと~」のメッセージのもと、英国チャールズ皇太子の提唱により、ウールが持つ天然の繊維特性を消費者に伝える世界的なキャンペーン、キャンペーン・フォー・ウール。 日本での活動の一環として1月24日(金)から神戸ファッション美術館にて女子美術大学教授で衣服造形家の眞田岳彦氏ディレクションのもと開催されます「ウールの衣服展- 源流から現在 – 」をサポートすることとなりましたのでご案内申し上げます。 羊が人のくらしと歩みはじめて約一万年、人は豊かさを求めてウールを変化させてきました。 原毛、糸、布、民族衣装、ファッション、そしてアートへと、ウールの衣服は、身体を包むだけ でなく心を包むものにもなり、広がりを遂げてきました。本展では、ウールの衣服の多様化、 魅力、可能性をご紹介しながら、豊かに生きるための衣服とはどのようなものか、私たちにとり 本当の豊かさとは何かを、皆様とともに考え見出してまいります。 神戸ファッション美術館収蔵のウールの衣服を中心に、シャネル(CHANEL)・ディオール(Dior)などのオートクチュール衣服の他、「コンセプチュアル・クローズ(概念的衣服)」の領域で活動をしてきた眞田岳彦氏が欧州、豪州、南米、日本など異なる気候風土で育まれた異なるテクスチャーのウールの糸約40種類で制作した衣服などが展示されるほか、オープニングイベントとして「心が着る衣服」をテーマに大内輝雄氏(元国際羊毛事務局広報宣伝部長)、河野哲也氏(哲学者、立教大学文学部教育学科教授)、眞田岳彦氏の3名による「ウール・トーク」(1月24日(金)15時00分から)が開催されるなど、約2か月の展示会中にはウールを素材に作品制作するワークショップやギャラリートーク、「糸紡ぎ体験」も予定されています。   ■ウールの衣服展 – 源流から現在 – 開催概要■ 開催日時:2014年1月24日(金)~3月25日(火)10:00- 18:00(入館は17:30分まで) 場所:神戸ファッション美術館 (住所:神戸市東灘区向洋町中2-9-1 / TEL:078-858-0050) 休館日:水曜日 入館料:一般:500円 小中高65歳以上:250円 http://www.fashionmuseum.or.jp/    (写真左) © ヴィヴィアン・ウエストウッド  タータンスーツ「アングロマニア」  1993年  神戸ファッション美術館蔵 (写真右) © アレキサンダー・マックイーン GIVENCHY  イヴニング・スーツ  1997年  個人蔵

One Wool

<a href=”http://www.onewool.com/” target=”_blank”>Visit the OneWool online gallery</a>